木のおもちゃと絵本・シュタイナー教育教材取扱店 メルヒェン リンク お買物方法 サイトマップ
top アイテム お店の紹介 インフォメーション トピックス お問い合わせ
アイテムトップ
おもちゃ
絵本・書籍
シュタイナー
楽器
アクセサリー
インテリア
クリスマス
アロマ・キャンドル・スキンケア
その他

お買い物ガイドへ
表記へ
ご注文フォームへ
FAXご注文フォームへ
インテリアリスト インテリア
カートを見る
アイテム > インテリア・その他 > クリスマス > クリスマスオーナメント 宇宙

 

クリスマスオーナメント 宇宙

ドイツ製

木製 星12cm
全14個
真鍮のワイヤー付き

¥9,200(本体価格)

 

シュタイナーの宇宙論に関心のある方々には、魅力的なクリスマスオーナメントのご紹介です。このオーナメントはミステリーサイン7個と惑星サイン7個で構成されています。付属の真鍮のワイアーで、クリスマスツリーの枝に付けられます。

『クリスマスツリーは多くの国々で、聖夜に飾られていますが、歴史的には、さほど古いものではなく19世紀になって、ヨーロッパでクリスマスのシンボルとして使われるようになりました。キリスト教以前でも、この時期は冬至のお祝いがなされていましたが、それは「光の祭」と呼ばれていました。冬至は一年で最も昼の時間が短い日です。太陽の光りは白く淡く地上に届きますが、熱を運んできてはくれません。けれども、次の日からは、昼の時間は少しずつ、長くなっていきます。つまり、冬至は太陽の新しい誕生の日とも言えるのです。このことと、イエス・キリストの生誕がやがて重なってお祝いされるようになりました。ですから、クリスマスツリーには、光りが不可欠なのです。さて、シュタイナーに関心を寄せる人々は、クリスマスツリーに一風変わった飾りをします。まず、縦の木に四方八方へ光を放つ香りの良い蜜ろうロウソクと、永遠性を象徴するバラの花を33本 ずつ飾ります。(バラは季節柄、大変高価なので、紅い紙で作ることもあります。)そして、普通見かけるような金銀の玉や鈴やモビールといったものは一切なく、代りに厚紙に金色の紙を張った手作りの不思議な印をぶら下げます。その印というのは、縦の木の中心線に、下から□形、△形、タロックと呼ばれる 形、Tの字の古い文字である形、そして一番上には五星形が並び、中央の形の左にΑ(アルファ)、右にΩ(オメガ)が並びます。また、もっと不思議なことには、木の天辺五星形からS字状に7つの惑星のシンボルが並びます。これはSの字の一番下から土星、太陽、月、火星、水星、木星、金星の順です。1週間を土曜日から数えるとこの順序になりますが、これはシュタイナーの宇宙論と、とても深い関わりがあります・・・シュタイナーがこのようにクリスマスツリーを飾ったことの本意は人類が辿ってきた道と、これから進んでいく道をイメージとして示唆することになったのだと思います。そして、いちばん天辺の金色の星を目指して歩んでいくよう励ましているのだと思います。』(オイリュトミストの中谷三恵子氏のお話より)

ご購入方法につきましては、お買い物ガイドをご覧下さい。
前の項目へ戻る ページの最初に戻る
| トップ | お店について | サイトマップ | お問い合わせ | ページの最初に戻る